小林 礼武様

11月定例会にて、ニッチ商材を輸入販売する中で自社サイトに注力し、どのように売上UPしたのかを伝えて頂きました、株式会社セレクション・インターナショナル 小林氏に、今回はebsとして単独インタビューさせていただきました。定例会の詳細はこちら

株式会社セレクションインターナショナル 統括本部 マネージャー 小林 礼武様
―実店舗とECのポイント連携をしているとのお話でしたが、価格も実店舗とECサイトで合わせておられますのでしょうか?
小林 礼武氏:
はい、合わせております。
価格やサービスに差異があるとお客様に対しての平等性が保てないのと、部署間での不要な対立や軋轢が発生してしまうと考えております。
―スタッフからもいろんなアイデアや企画が出やすいようにするにはどのような工夫をされてますでしょうか?
小林 礼武氏:
①発言しやすい雰囲気を作るため普段から雑談をする。
②どんな発言も肯定から入る
③会議で自らダメな意見を出す。上が失敗すると、下は失敗を恐れない。
④とはいえ会議に時間制限をつけてメリハリをつける
※アイデアの回収は責任者の任命で行う
―CSチームの目標、評価指標はどのように設定されておりますでしょうか?
小林 礼武氏:
ぶっちゃけしていません。永遠にお客様の声を拾い続け、永遠に答え続けるのが使命だと思っております。
ただ週一でチーム会議を行っているのですが、その場で必ず何かのアクションを起こさせるようにして組織の活性化を行っています。
―当イーコマース事業協会は「売上げ向上・技術向上のための勉強、並びに会員相互の会員交流・情報交換を通じて、電子商取引を含む健全なる情報化を社会に普及させることを目的とする」団体でありますが、ご講演を終了してみてのご感想や、定例会の印象などお聞かせいただけると幸いです。
小林 礼武氏:
皆様の真剣な姿勢がすごいです。
普段JFECによく参加するので、そこの違いに驚きました。
その分反応が薄い部分があるので、緊張したのが正直な感想です。
○講演タイトル
「モールを超える為の自社サイト構築方法」

○講師プロフィール
株式会社セレクションインターナショナル 統括本部 マネージャー
小林 礼武氏

アメリカンスポーツの”グッズ”というニッチ商材を輸入販売している「セレクション」のマネージャー。
8年前にクリエイターからマーケッターに転職した異色の経歴を持ち、元々のスキルを活かしバックヤードシステムの活用&応用が得意。
特に自社サイトに注力し、4年で楽天に迫る売上づくりに成功した。