坂本 悟史様

2018年1月定例会にて、「これから「選ばれる店の条件」とは?」をテーマにお話頂いた、コマースデザイン株式会社 坂本氏に、今回はebsとして単独インタビューさせていただきました。定例会の詳細はこちら

コマースデザイン株式会社 代表取締役 坂本 悟史様
―EC市場が拡大した結果、小さい商圏では成り立たなかったポジションにチャンスが生まれているという環境の変化についてお話いただきましたが、最近で、そういったメガニッチで注目されている業界・カテゴリはありますでしょうか。
坂本 悟史氏:
まず「このカテゴリが狙い目」みたいな話は、控えさせてください。
自分の強みを踏まえて、探すべきものです。
で、探し方ですが、業界やカテゴリとして捉えるよりも、「〇〇したい人々」「〇〇したくない人々」の集団を見つけるほうが、面白いポジションが見つかるはずです。
なぜなら、「業界やカテゴリとして呼び名が定着している」時点で、既にチャンスが少ない可能性がありますから。
固定観念に囚われず、自店舗や世の中のお客さんたちをよく観察することをオススメします。曖昧なお返事ですいません。
―効果的な購買⽀援をするための例としてご紹介いただいた「図解」「カテゴリ細分化」などやはりお客様の視点に立ってのページ作成が大切と感じました。自社の商品を扱っていると、なかなかお客様の視点に立ちづらいところもありますが、意識すべき点やコツなどがあれば教えていただけますでしょうか。
坂本 悟史氏:
コツはいろいろあります。
わかりやすいのは「問い合わせされた内容を観察する」ことです。
問い合わせされた内容を見ていると「分かりづらいポイント」や「売り手側が意識していないけれどもアツいポイント」が見つかります。
過去の履歴を遡るのもいいし、ちょっと手間は増えますが、一定期間「問合せを増やす」のも有効です(電話番号を強調するなどして、問合せに誘導する)。
まあ理詰めで何とかなるものではないので、 自分だけで考えて煮詰まらないことです。
―「尖った商品」は実際に生の声をヒアリングすることで生まれるとのお話でしたが、お客様にヒアリングを実施する上で良い施策やポイントはありますでしょうか。うまく実践された例などありましたら教えていただけますと幸いです。
坂本 悟史氏:
お客さんと話すときに、「漠然とヒアリング」すると大体失敗します。
仮説を持って聞くことが大切です。多分こういう経緯じゃないかな、これが刺さるんじゃないかな・・と思いながら、「答え合わせ」のつもりで聞くのが良いでしょう。
そうすると、「売り手側の予想から離れた何か」が必ず見つかります。
それが大きなヒントになります。
これ以上の具体策は、コンサルティングを依頼してくださいw
―当イーコマース事業協会は「売上げ向上・技術向上のための勉強、並びに会員相互の会員交流・情報交換を通じて、電子商取引を含む健全なる情報化を社会に普及させることを目的とする」団体でありますが、ご講演を終了してみてのご感想や、定例会の印象などお聞かせいただけると幸いです。
坂本 悟史氏:
他のEC団体と比べると、「会員が全員何かの委員会に所属している」のが、大きな特徴ではないでしょうか。
人数が多い分、調整は大変でしょうが、幹事側と参加者側の垣根が低いように感じます。
もし合っているなら、これは素晴らしい点です。
一方で、(大阪への偏見かもしれませんが)皆さん遠慮がちと言うか、踏み込んでくる人が少ないのがとても意外でした。
二次会に来る人が極端に少ないのは、いつものことでしょうか?
私含め、講師は反応を知りたいものなので、もっと絡みに行っていいと思いますよ。
○講演タイトル
「これから「選ばれる店の条件」とは?」

○講師プロフィール
コマースデザイン株式会社 代表取締役
坂本 悟史氏

楽天株式会社にてECコンサルタントとマーケティング業務を長年担当。
ネット上でのヒット商品・人気店舗を多数輩出した後独立し、2008年に、中小規模ネットショップの支援に特化したコンサルティングを行う為にコマースデザイン(株)を設立。
売上アップ以上に、売れる為の考え方・スキル・習慣の習得を重視。
支援先が「コンサルが要らない自走出来る店」になってもらえるコンサルティングの提供と、後進のコンサルタントの育成に注力している。
現在では、400社を越えるEC事業者にサービスを提供中。
著書「eコマース担当者・店長が身につけておくべき新・100の法則」は12回増刷され、ネットショップ運営ノウハウ本では業界1番のベストセラー。
週刊ダイヤモンド、日経電子版などへの寄稿やNHK・フジテレビなどからのTV取材も多数。
自治体や業界団体からのセミナーやコンサルティングの依頼も多く、地方活性化にも積極的に貢献している。