加藤 学 様 

2008年2月定例会でご講演をいただきました、 株式会社ヒューゴ 代表取締役 加藤学氏をお招きして、SEOとドミノ・エフェクトで、会社のインターネット売上を飛躍させてきたノウハウについてお話をお伺いします。 定例会の詳細はこちら


株式会社ヒューゴ 代表取締役 加藤 学 様 

―今日のセミナーのテーマにもなっていますが、なぜ中小企業にはレバレッジが必要か?について教えていただけますか?
加藤 学 氏:
企業の経営資源である「ヒト・モノ・カネ・情報」のすべてにおいて、決して潤沢にあるとは言えないのが中小企業で、だからこそ多くの中小企業はEコマースやWebマーケティングの世界へと進出していますが、それは潜在的にも顕在的にも「少ない資源で大きな効果をあげたい」という「レバレッジ」を、中小企業経営者の皆さまが既に意識している証拠だと私は考えています。

現在はインターネットを企業経営に取り入れただけでは思うような成果が得られない状況であると言われていますが、その一方で、インターネット上での1つの仕事に対して2つ・3つ・4つと成果を出すような仕組みを導入して大成功している中小企業も「沢山」あります。

経営に必要な情報は、インターネットという大海原を毎回自分で探しに行くのではなく、1回の登録でRSSに永遠に取りに行かせる。自社の商品やサービス情報も自社サイトだけで公開するのではなく、色んなサイトでいっせいに公開される仕組みを持つ。自社サイトへの訪問前に信頼度を上げてアクセス数からの購入率を飛躍的に高める。そういうレバレッジが効いて売上が上がれば、中小企業にとって最も重要な「ヒト」が育ちます。

「ヒト」が育って売上を上げてくれるのを待つのではなく、「売上」が上がることでヒトが育つ。本日の講義内容では本題から外れるので触れませんでしたが、中小企業がインターネットビジネスでレバレッジを効かせるという真意は、そこにあると思います。
―RSSで自動化、動画を使う、プレスリリースをするなどの相乗効果が大切だと、HPのタグやキーワードを埋め込むといった一般的なSEO以外のことも理論的に、とても詳しく話しをされてましたが、そんな事を話す専門家は少ないですよね?
加藤 学 氏:
自分でやっていない専門家が多いからではないでしょうか。コンサルティング会社には3つの種類があって、1つめは机上の空論だけで話す会社、2つめはクライアント企業をうまくいかせてその実績を話す会社、3つめはクライアント企業でも自らの会社でも「実践」して成果を上げ、その話をする会社です。 ヒューゴはその3つめの会社ですから、それらのことが「話せる」のだと思います。また、あまのじゃくな私の性格も手伝って、情報の価値が高く評価される時代になってきただけに、「ノウハウはタダ!」なんて言って、必要以上に話しすぎているのかもしれません。(笑)
―SEOでのブログの大切さを話しされていましたが、ブログを毎日続けるコツや書き方のポイントなどを教えていただけますか?
加藤 学 氏:
ブログは検索エンジンに強いとよく言われますが、それを漠然とではなく論理的に捉えることが必要です。多くの情報を長期に渡って発信し続ける人は検索 エンジンにとっても重要で、しかも、ブログは、タイトル・本文のほかに、カテゴリを設定できたり、トラックバックができたり、最近では1つ1つのエントリに、タギングができたりするものもあり、それはすなわち、なんとなく書いているブログでもきっちりと構造化されて、いわゆる論文形式に自動的に落とし込まれてるわけです。ですので、一般的なHTMLで作られたWebサイトよりも、検索エンジンにとって重要度が増すわけです。

そんなブログを毎日書き続けるコツですが、 まず、「絶対書く!」と心に決めてください!(笑)

毎日、真剣にビジネスをやっていれば書くことがないなんてことはありえないと思いますが、それでも、「ない!」という方は、ニュースサイトのアラートなどを利用して、自社ビジネスに関連性のあるキーワードのニュースを自動的に読み、ネタにするのがいいと思います。また、ポイントとしては、自分を思いっきりさらけ出して「超本気」で書くことです。もちろん、そんなブログを見て「この人嫌い!」と思われることもありますが、10人や100人に嫌われたところで、あと66億人の仲間がいるじゃないですか! 超本気で、思いっきり書きましょう。でも、他人への誹謗中傷やマイナス言葉は厳禁ですので念のため。
―ブログを書いてる方の為に3月から登録無料の素晴しいサービスを始められるそうですが、内容を少し詳しく教えていただけますか?(これは是非、今後の案内にもなるので)
加藤 学 氏:
プライベートニュース(www.privatenews.jp)という無料サービスですが、現在ブログを毎日書いておられる中小企業様がレバレッジを発揮するために、1回の登録だけで自動的にコンテンツ内容を取り込み、希望のキーワードで検索エンジン(主にYahoo!JapanのYSTやGoogle)に上位表示されやすくするためのサービスです。検索エンジンの特性を知り尽くしているからこそできるサービスだと思いますので、私たちも非常に期待しています。3月から段階的に、α版・β版と進めて行く予定です。サービス開始の際には是非ご利用いただきたく宜しくお願いいたします。
―好きな言葉とか座右の銘は何かございますか?
加藤 学 氏:
座右の銘は、「結果は想いの総量」です。それをどれだけやりたいか?どんな結果が出るかはそれに尽きると思っています。そして、どんな結果が出ても一喜一憂して、喜怒哀楽を思いっきり表現して、「満足」を積み重ねる人生を送っています。

小さなことで満足するな!という方もいますが、私の場合は、満足してもすぐ次に進みたくなるので、ちっちゃなことでも満足します。(笑)そして、ヒューゴのメンバーにもそういう生き方を薦めています。また、口癖は「仕事は遊び」。 休日は、「休みの日ぐらいゆっくり仕事」。長所は沢山あって、短所はナシです。どんな長所も短所も表裏一体ですから全部長所と言うようにしています。(笑)

好きな言葉は「ロマンティック」。と言っても単純にロマンスが好きなわけではなく、取り組むプロジェクトがロマンティックに見えるかどうか、人によっては「Cool」や「Sexy」なんて言葉も使うようですが、それによってやる気(想いの量)が変わるので、私にとってはすごく重要な言葉です。勉強熱心なe塾の会員企業様とも、ぜひ、ロマンティックなプロジェクトをやりたいと思っていますので、今後とも宜しくお願いいたします。

本日は大阪でも稀に見る大雪の中、お越しいただけたことに感謝いたします。誠にありがとうございました。
○講演タイトル
『集客』

■プロフィール
座右の銘は「結果は想いの総量」
ユニークな発想と理論的なSEO技術で大阪の中小企業と一緒に成功することが夢。検索費用300円の会社から年商2000億の会社ともSEOの依頼を受けている。