森野誠之様

2016年6月勉強会にて「売上アップに貢献する!Googleアナリティクス活用術!勉強会」と題して運営堂 代表 森野誠之様ににてご講演頂きました。
勉強会の詳細はこちら


運営堂 代表 森野誠之様
―Google Analitics(グーグルアナリティクス)を使用したアクセス解析に特化した セミナーやコンサルティングを多くされておられるようですが、始めたきっかけ(理由)を教えて頂けますか?
森野 誠之氏:
独立する前にWebサイト制作会社の営業をしており、納品後にお客様から「反応がない」「売れない」などのクレームをいただくことが多くありました。制作会社なので作ることが仕事でそれ以降は更新作業などが請け負う範囲なのですが、そうではなくて、制作後に結果を重視した更新であったりデータ分析を請け負うのであればニーズがあるのではと思って始めました。ちょうどGoogle アナリティクスもリリースされたばかりでしたので「これは来る!」と直感的に思ったのを覚えています。それから5年ほど続けながらブログを書いていたところセミナー依頼があり、今に至っています。
―Google Analitics(グーグルアナリティクス)を使用する事により、メリットデメリットがあれば教えてください。
森野 誠之氏:
メリットは現状が分かることと、集客施策の検証ができることです。なんとなく惰性で季節イベントを実施しているショップも多いと思いますが、目的をもって実施して検証していけば1年後には安定した売り上げを作ってくれるはずです。スタッフで集まって数字を見ながらやったことの評価をしていけば、社内の雰囲気も良くなりますしね。 デメリットは無料であることと高機能すぎることです。無料なのでサポートもありませんし不具合があった時には我慢するしかありません。機能に関しても専門家でない限りは使わない機能も多いです。我々のような仕事でない限りは、一通り覚えても名古屋弁マスターになったぐらいの価値しかないんじゃないかと思います(笑)。
―Google Analitics(グーグルアナリティクス)の重要性について考えや思いをお聞かせください。
森野 誠之氏:
Google アナリティクスはGoogle AdWordsや他の計測ツールであったり、Web接客ツールなどと連携することができ、そこに様々なデータが蓄積されていきます。このデータをリマーケティングに使うことができるので、かなり精度よくアプローチができるようになります。アクセス解析ツールではなくてデータを貯める場所を思えば会社にはなくてはならないものになるはずですよね。ユーザーの足跡がきれいに残っていればたどっていくことは容易です。データの塊を見て全体を把握しつつ、ユーザー単位の動きを見て自社のマーケティングに活かしてほしいと思います。
―今回のご講演はどちらかというと、初級者スタートより中級者スタートだったかと思います。
今から「Google Analitics(グーグルアナリティクス)」をスタートしようとする会員様に、まず、最優先ですべきことだと思うことをお聞かせください。
森野 誠之氏:
くじけずに毎日データを見てみてください。そして、世の中の変化であったり集客施策の変化によってどう変わったかを考えてみてください。これを続けることでデータに敏感になりますし、見たいところが分かってくるはずです。改善点を見つけて売上アップ!と思ったらダメです。そんなものはありませんので(笑)。
―イーコマース事業の今後について、ぜひお聞かせください。
森野 誠之氏:
ネットショップ業界の今後という意味で良いでしょうか?ネットショップ業界は大手がどんどん参入しており、独自ショップにとってはますます厳しくなっています。「売り方」を人に聞いて回っていても全く売れない時代です。仮に売れたとしてもあっという間に真似をされて陳腐化します。しかし、お客様のことを考えて進化しているショップはしっかり生き残っていきますし、どんどん成長していきますので「買ってもらうためにどうするか?」を考え続けていきましょう。
―ご講演を終了してみてのご感想や、勉強会の印象などお聞かせいただけると幸いです。
森野 誠之氏:
勉強会の内容を打ち合わせる時点から事務局の方々の意欲が高く、私も何をどう話すのかをかなり悩みました。また、セミナーの前の時間に設定の勉強会をされているなんて初めて聞きましたので、皆さんの熱意が伝わってきました。おかげでニーズにマッチした内容になったと思いますし、皆さんが知りたいことをお話しすることができたのではないのでしょうか?アンケートの結果が気になりますね。
また、当日は理屈だけではなくて私が今まで経験してきたことを話しましたので、ショップを運営している皆さんにもお役に立てたのではないかと思います。

次回はGoogle アナリティクス活用法の上級編でお会いできるのを楽しみにしております!