株式会社ブルーク
青松 敬介様

今回は、エビスの10月定例会でご講演をいただきました、株式会社ブルーク 代表取締役 青松敬介氏にお話をお伺いしました。 定例会の詳細はこちら

株式会社ブルーク 代表取締役 青松 敬介様

ブルークさんでは人材育成にお力をいれていらっしゃるとのことなのですが、人材育成でこれは絶対大事ということはありますでしょか?
青松 敬介氏:
会社のビジョンを社長から社員さんに語ることだと考えます。
未来を見せていないのに、社員さんは頑張ることが出来ません。

リーダーにとって最も大切なことは社員さんと未来を作ることだと思います。それさえ出来れば人は勝手に育つと思います。
―逆に人材育成でここは気をつけないといけないということはありますでしょうか?
青松 敬介氏:
否定的な社員さんに無理やり学ぶことを強要すると逆効果になります。 まず、社長と社員さんの価値判断基準を一致させるところから、ったほうがいいと思います。
―ブルークさんでは、従業員さんの入れ替わりが少ないということで、社内環境もすごく充実していらっしゃると思うのですが、例えばモチベーションが下がっている従業員さんがいるときの対処法があれば教えていただけますでしょうか?
青松 敬介氏:
モチベーションが下がっている社員さんの話をじっくりと聴いてあげます。
その時は、社長の考えを押しつけず、傾聴し、承認します。
モチベーションをあげてから出なければ人材育成はうまくいきません。
―青松社長様のお話の中に、「昨日新しかったもの(企画や基準や考え方)が今日は古くなっていることもある。」とのお話があったのですが昨日まで新しかったことを廃棄することを決める基準があれば教えていただけますでしょうか?
青松 敬介氏:
弊社は常に「攻める」「育てる」「守る」「捨てる」の中に全てのことを当てはめます。
利益の上がる順番で行動計画を立てますが、その優先順位の低いものは「捨てる」に入れます。
―最後にブルークさんがこれからさらに伸ばしていこうと思っていらっしゃることはございますでしょうか?
青松 敬介氏:
海外販売です。
○講演タイトル
事業拡大における人材育成をどのようにしたらいいのか?について

○講師プロフィール
講師株式会社ブルーク
代表取締役 青松 敬介 氏

島根県の高校を卒業後、平成元年に大阪の金融機関に就職。
その後平成6年から平成10年までベンチャー企業の創業に関わり、新規事業の責任者として、いくつもの新規事業の立ち上げを経験。
平成11年に東大阪市にて漫画喫茶を開業。
平成12年に腕時計のネットショップを立ち上げ現在に至る。