岡本 泰輔様

2018年3月定例会にて、「型番安売りを真面目に取組む話」をテーマにお話頂いた、株式会社ドライブマーケット 岡本氏に、今回はebsとして単独インタビューさせていただきました。定例会の詳細はこちら

株式会社ドライブマーケット 専務取締役 岡本 泰輔様

―商品の回転率をあげる工夫をされているとのことでしたが、具体的にどういった施策されているのでしょうか?
岡本 泰輔氏:
型番ナショナルブランド品を扱うのであればバイイングパワーは不可欠です。
薄利であっても大きな流通を作っていかなければならない宿命だと考えています。
ただし全ての商売が薄利であれば継続的な運営は不可能です。
利益の取りやすい場所を別に用意しながら、薄利の場所を割り切りながら運営しているというところです。
回転率をあげるために、今リアルタイムに市場で動いているものを見極め、ピンポイントに近未来(数日先レベル)分の仕入を行い、短期間に販売します。
また、市場相場を読み間違えたと認識すれば、被害の大きくなる前すぐに諦め、処分価格で放出します。
回転率さえあがれば、小リターンではありますが、小リスクに運営することができます。
―徹底的な価格管理、利益管理、現金商売が御社の基盤と感じました。システムで自動管理されている部分も多いかとご想像しますが、システムダウンした時のセーフティ等、システムを健全に動かすために準備しておられること、意識しておられることはありますか?
岡本 泰輔氏:
弊社内に存在するシステムは、人がペンや電卓片手に行う作業を自動化したものと考えています。
セキュリティなど重要なものを除き、人手をを担保とすることで大掛かりのバックアップを設けることは行っていません。
また、価格設定や仕入・カートへの在庫補充などは自動化してはいますが、判断が必要な部分の多くを人手を介する設計にしています。
思っていらっしゃるほど自動化は進んでいないというか、進めないようにしています。
○講演タイトル
「型番安売りを真面目に取組む話」

○講師プロフィール
株式会社ドライブマーケット 専務取締役
岡本 泰輔氏

現在、通販および実店舗2店舗の営業統括
1975年 大阪生まれ短大卒業後、カー用品専門店にて紙媒体通販に携わる
その後、人材会社にて営業を経験
2006年 ドライブマーケット入社
EC責任者を経て現職
楽天、ヤフーなど受賞歴多数