株式会社健康プラザコーワ
臼井 由妃様 

2007年4月定例会でご講演をいただきました、株式会社健康プラザコーワ代表取締役 Dr.ユキこと臼井 由妃氏。『小(笑)企業』からビッグに稼ぐ人になるために必要な、 発想・決断・PRなど、すぐに実践できる方法を臼井氏の経験や実例を交え、ノウハウをお伺いしました。定例会の詳細はこちら


株式会社健康プラザコーワ代表取締役 臼井 由妃 様 

―ものが売れるのに キーになるにはどういうことだと思いますか?
臼井 由妃 氏:
ダサいがキーワードですね。ファッションなど流行を追う商材にはあまり当てはまりませんが、生活雑貨や食品・健康グッズなど、生活により密着した商材は、綺麗なモデルさんが身につけ、夢やイメージの世界を演出するよりも、現実的で生活感のあるほうが販売につながります。ぺージの色使いも 凝りすぎず、素人っぽさがあるほうが親近感が湧きますね。
―1つの同じものをずーと売り続けるのが良いとおっしゃってましたがその秘訣 また理由を教えてください
臼井 由妃 氏:
単品または限られたアイテムで勝負したほうが、仕入れもラクですし、 通販の売上げを左右する、ショップのこだわりもお客様に伝えやすい。品揃えで勝負するのは大規模通販のやることです。マネをしていたら、資金もかかるだけでなく在庫の山になりかねません。
―大企業ではできない 中小企業ならではの利点はなんだと思われますか?
臼井 由妃 氏:
一番有利なのはスピード面。中小企業ならではの、小回りの良さを活かし、テスト販売や海外で流行っているものを即、取り入れたり。他のショップとのコラボレーションも自由にできます。
―オリジナル商品をつくる際に 重要な点はなんだと思われますか?
臼井 由妃 氏:
ゼロからつくるのではなく、すでにあるものをアレンジすることが重要です。パッケージを変えたり、組み合わせの工夫をする、名前に凝るなど、少しの工夫でも商品のイメージは変わります。当然ですが、小ロットでの製造を請け負う先を見つけること。商品名は「商品の顔」ですから、特に頭を使って欲しいです。イメージ優先の名前やどこにでもある名前・一般的な名前は避けたほうがいいですね。
○講演タイトル
『ビッグに稼ぐ人になるために必要な、発想・決断・PR』

■プロフィール
1958年東京都生まれ。33歳で28歳年上の夫との結婚を機に、健康器具等の開発、会社経営の道に入る。 夫の為に開発した男性機能補助具「パワーリングネオ」が40万個の大ヒットとなる。その後も次々にヒッ ト商品を発明開発。その研究成果が認められ「健康医科学博士号」、ハワイアンカレッジより「名誉学術博士号」取得。さらに他博士号、各資格を短期一発取得。企業家として会社経営、不動産業、コンサルタント業と事業を拡張し、また自身の豊富な経験と知識を執筆、講演会等で生かし活動中。