FP-KIDS代表
市田 雅良様 

2008年1月定例会でご講演をいただきました、 FP-KIDS代表 市田雅良氏をお招きして個人金融を中心に将来設計に欠かせないファイナンシャル・プランについてお話をお伺いします。 定例会の詳細はこちら


FP-KIDS代表 市田 雅良 様 

―ここ数年ファイナンシャルプランという言葉を時々聞きますが良く分かりません、どういったことをいうのですか?
市田 雅良 氏:
個人の生活すべてにかかるお金の悩みを、総合的にコンサルティングするのがFPです。 ライフプラン作りと資金作りの悩みから、資産運用、保険の見直し、ローンの返済計画 税金、相続対策、事業承継対策といった特殊事情も含めて、個別の悩みにも対応しています。
―個人金融(パーソナル・ファイナス)のプランを立ててみようと思いますが まず、どのようなことから考えていけばよろしいでしょうか?
市田 雅良 氏:
まず現状のお金のデータを整理し、将来のイベントや目標を立てて、将来予想をするために キャッシュフロー表を作成し、そこからあぶり出される問題点を整理し、その解決策を考えることになります。 もちろん専門家のFPは一緒になって考えます。
―貯金しておいてもほとんど利子の無い昨今、いろんな金融商品を目に しますがその特徴とリスクを教えてください。
市田 雅良 氏:
大きく分けたら、「貯蓄型金融商品」と「投資型金融商品」に分けられます。 「貯蓄から投資へ」といった流れはこの中から自分に合うのを選んでいくことになります。 貯蓄型は元本割れしないものです。投資型には株式・債券・投資信託などが代表格です。 特徴とリスクについてはこのスペースでは回答できません。 申し訳ありません。
―お好きな言葉、座右の銘を出来れば理由も付けて教えて頂けますか?
市田 雅良 氏:
好きな言葉「一歩進めばそこからドラマが始まる」 何事も最初の一歩が肝心ですが、そこから道を開いていくのも自分であるということです。 どんなことも一生懸命に進むことが大事だと思っています。
○講演タイトル
『「会社のお金」と「個人のお金」のファイナンシャルプランニング』

■プロフィール
大学卒業後、広告代理店にて販売促進部門に携わる。
その後会計事務所に勤務。
新会社設立・新規事業設立関連などを担当。
99年4月ファイナンシャルプランナーとして独立。
FP-KIDS代表
ライフプラン倶楽部代表幹事