株式会社大都
山田 岳人様

2019年7月定例会にて、「創業82年のベンチャー企業。アマゾンが教えを請う元工具問屋」をテーマにお話頂いた、株式会社大都 山田氏に、今回はebsとして単独インタビューさせていただきました。
定例会の詳細はこちら

株式会社大都 代表取締役 山田 岳人様

―VISIONやCORE VALUESについてはどのように決められましたか?スッタフの方と一緒にですか?社外のコンサルタントの方と一緒にですか?また、それらをどのようにして社内に落とし込みをしておられますか?
山田 岳人氏:
社内のメンバーと話しはしましたが、具体的な言葉に落とすのは私一人で決めました。
MISSIONやVISIONは多数決で決めるものではなく、それに共感した仲間が集まるものだと思っています。「この指とまれ」ですね。
―山田社長が考えれられる、アマゾンとの関わり方についてもう少し詳しくお教えください。
山田 岳人氏:
ECマーケットを拡げていくパートナーの1社だと思っています。
逆に言うと、敵にして戦ってはいけない相手です。
Amazonも楽天もYahoo!ショッピングも愛してます。
―会社運営をされておられますが、そのなかで従業員の気持ちを一つにするため、まずここから始めると良いと思われることをお教えください。
山田 岳人氏:
スタッフの気持ちが常に1つになる必要はないと思ってます。
ってかそれは経営者のエゴでそんなことはありえない。みんな人間なんだから。
それでも、ここぞという時はチームが1つになる。
そうなるには、MISSION、VISION、COREVALUEをみんなが身に染みていることが重要だと思ってます。知っているではなく染みている。ってイメージです。
―当イーコマース事業協会は「売上げ向上・技術向上のための勉強、並びに会員相互の会員交流・情報交換を通じて、電子商取引を含む健全なる情報化を社会に普及させることを目的とする」団体でありますが、ご講演を終了してみてのご感想や、定例会の印象などお聞かせいただけると幸いです。
山田 岳人氏:
歴史もあり、みなさん非常に熱心で素晴らしい会だと思いました。
ただ、正直に言うと、もっと成長できる可能性があるのに、「そこそこ」で満足しているのかな?っていう感じもウケました。(偉そうにすいません。)
これからも共に成長しましょう。今後ともよろしくお願いいたします。
○講演タイトル
「創業82年のベンチャー企業。アマゾンが教えを請う元工具問屋」

○講師プロフィール
株式会社大都 代表取締役 山田 岳人様

山田岳人(やまだ たかひと)
1969年11月生まれ。石川県出身。
大学卒業後、リクルートに入社。6年間の人材採用の営業を経て、1998年に総合金物工具商社であった大都に入社。
2002年にEC事業を立ち上げる。
2011年、代表取締役に就任。
2014年、リアル店舗「DIY FACTORY OSAKA」2015年東京二子玉川ライズに「DIY FACTORY FUTAKO」をオープン。
2017年にGreenSnap株式会社を子会社化し、同年カインズと資本業務提携を結ぶ。2018年、一般社団法人ベンチャー型事業承継の理事を務める。(社)日本DIY協会が認定する「DIYアドバイザー」の資格を持つ。