三井 恵久美様

女性が多いネットショップ運営:仕事・結婚・出産・家事・育児・自分自身の心の充実、全ての両立を叶え明るい日本の未来につなげる。
2013年5月定例会でご講演をいただきました、有限会社アージュインターナショナル 代表取締役 三井 恵久美 氏にお話をお伺いしました。
定例会の詳細はこちら

有限会社アージュインターナショナル 代表取締役 三井 恵久美 様
―女性スタッフのみでのネットショップ運営が非常にオープンな環境で皆さんが前向きな印象を受けましたが、スタッフの皆さんの様々な問題や悩みといったことは日々どのようにして把握されているのですか?
三井 恵久美氏:
日々それぞれの様子を見て変化に気付き声をかけたり、ほかのスタッフに尋ねたり伝えられたり、本人から直接話されたりします。また個人面談やグループミーティングなどの内、個人的な話も率直にできる時間も設けています。
―御社ではスタッフが辞めないことも特徴かと思います。採用時から工夫されている事や入社されてから長年働き続けてもらっている秘訣のようなものがあれば教えて下さい。
三井 恵久美氏:
理想と現実の差で苦しまないように思いを聞き、現状の解説と今後の方向の説明をし理解と納得をされたか確認しながら進めています。
―いままでで「最大の失敗」と「それをどう乗り越えたか」を教えてください。
三井 恵久美氏:
商品の不備で3000件ほどリコールをしたことがあります。お客様からの厳しい声が続き泣いてしまうスタッフもいましたが誠実な思いは伝わることを信念に支え合いやるべきことをきっちりやりました。
―今回のご講演では様々な「想い」が込められていたと感じましたが、講演をお聴きになった会員様に「実践して欲しいこと」を教えてください。
三井 恵久美氏:
今回は会社側の姿勢についてお話させていただきましたが、会社側としてはスタッフ達の思いを知り、応えられないことであればその理由を説明する。など日々のもやもやをできるだけクリアにして前に進む形を定番にすることも、より良い結果を出すことにつながる一つなのではと思います。スタッフさん達には、自分では答えが出ないことをぐるぐる考え数日過ごすより、早めに思いきって打ち明けてみることも良くなるための一歩でもあると前向きに捉え、上司に相談する挑戦もぜひしてみてほしいです。
― 当イーコマース事業協会での講演を終えられて三井様から見た当会の印象や定例会、情報交換会の雰囲気など、ご感想を教えてください。
三井 恵久美氏:
活気があり、且つあたたかい雰囲気を感じられ
意識、意欲の質の高い会だと思いました。
―当イーコマース事業協会は「売上げ向上・技術向上のための勉強、並びに会員相互の会員交流・情報交換を通じて、電子商取引を含む健全なる情報化を社会に普及させることを目的とする」団体でありますが、入会間もない会員様、現在入会を検討している事業者様にエールをいただけますでしょうか?
三井 恵久美氏:
現在の業界の状況や自分の位置を知り未来を読むためにもこのような会に参加することは必須と思います。集まった力でより大きな地元の活性、日本の活性にもつなげていきましょう。
○講演タイトル
「全員パート・バイト・女性で月商1億達成。人が辞めない、人で悩まない運営」

○講師プロフィール
有限会社アージュインターナショナル 代表取締役 三井 恵久美 氏

1996年学童保育に勤務しながらネイリストの資格を取得、ネイルサロンに勤めた後、1997年独立ネイルサロン「ネイルアージュ」開業、1998年ネイ ル用品とアクセのネットショップ「ねいる屋さん」オープン、2000年アクセ部門を独立ネットショップ「ビューティースパイス」オープン、2001年ネイ ルとアクセ部門を統合し「ねいる屋さん」として楽天市場出店、2004年~2009年、楽天市場ショップオブザイヤー6年連続受賞、2006年全員が素人、パート・バイト・女性で月商1億円達成、働く女性及び母子家庭の就労支援、幼児だけでなく中高生の子供も一緒に出社できる制度を設立、2011年はた らく母子家庭応援企業として厚生労働省雇用均等児童家庭局長賞受賞。現在は楽天、ヤフー、アマゾン、自社サイトにてネットショップ運営及び卸事業を展開。